2010年02月26日

BlogPaint昨日は、国立大学の2次試験。
私も、ちょうど東京大学医学部での研修の日でしたので、混雑する受験生に心の中でエールを送りながら附属病院に向かいました。

ごきげんいかがですか。
東京 池袋 萩原歯科医院 萩原です。

さて、「萩原歯科院10の約束」の中の7番目について、今日はお話をいたしましょう。
1 高い技術を追求します
2 痛くない治療にこだわります 
3 長くもつ治療をおこないます
4 予防を重視した治療方針を提案します
5 優れたメンテナンスシステムを追及します
6 安全な治療環境のため感染予防を徹底します
7 患者さんを待たせません
8 わかりやすく、詳しい説明をおこないます
9 プライバシーを尊重します(個室)
10 マナーを重視し、人間尊重の院内教育を継続します


【7 患者さんを待たせません】

東京大学医学部附属病院は、言わずと知れた日本で最も高度な医療機関です。
そのため、全国から患者さんが来院され、予約もいっぱいで、いつも大変込んでいます。
私が研修に行っている、医学部顎口腔外科歯科矯正歯科教室の外来にも、多くの患者さんが治療に訪れていて、それこそ先生たちは、お昼ごはんを食べる時間さえほとんど無いほどに忙しく患者さんを診ています。

私も、大学病院などの診察を受けたことがありますが、やはり、診察までに長い時間待った経験があります。
大きな病院に限らず、急を要する身体の問題が多い医院では、難しいことかもしれませんが、歯科医院である自分のところでは、私は、患者さんを待たせないことを自分の課題として取り組んできました。

歯科は、比較的緊急性の低い科目ですが、ほとんどの歯科医院で、予約の時間どおりに治療が始まることは無い、と言っても過言ではないでしょう。

でも、約束の時間に治療を始めること、つまり、患者さんをお待たせしないことは、歯科医師やスタッフの努力で限りなく改善させることができます。
萩原歯科医院では、治療開始の時点で、すべての患者さんの治療計画が患者さんとの相談の元に作成されています。その上で、毎日、翌日の患者さんの治療予定、準備器具、その他の用意について、スタッフミーティングを欠かしません。
患者さんがお約束の時間にお越しいただいているのに、その約束を歯科医院が破ることは、患者さんに対して、失礼なことではないでしょうか。

歯科治療を提供する側であっても、可能な限り、お約束は守らなければならないはずなのに、歯科医院には、待たせても仕方が無い、という誤った考え方が横行しているように感じます。

実際に、萩原歯科医院では、お約束の時間通りに必ず、患者さんを治療室にお通ししてその日の予定の治療に入ります。

確かに、時間通りに診療をしていくことは、歯科医師だけでなく、萩原歯科のスタッフ全員の大変な労力を要しています。
でも、私が患者だったら、待たされない歯科医院に行きたい。
その思いで、今日も治療を続けています。


歯科医師にとっても、歯科衛生士にとっても、歯科助手にとっても、自分が行きたいと思える歯科医院。自信を持って家族や大切な人に来ていただけるような、誰にでも誇れるホスピタリティーに満ちた歯科医院を目指します。


歯に関する様々な悩みに対しての萩原歯科医院特設サイトを用意しております。
こちらからご覧下さい。

「入れ歯+インプラント」という新しい選択肢
http://www.ireba-implant.com/

入れ歯の悩みを考える
http://www.ireba-info.jp/

まだ間に合う歯周病治療とアフターケア
http://www.shisyuubyou.com/

私の家族に受けさせたい歯科治療 萩原歯科医院
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hagiwara/

インプラントが不安な方へ
http://www.implant-info.jp/


東京 池袋 萩原歯科医院
          萩原 眞
          萩原 麗子


dentalhagiwaradentalhagiwara at 11:33│コメント(0)長持ちする歯科治療を目指すシステム | 知って得する歯科の知識

2010年02月25日

20100225福寿草昨年のお正月に求めた福寿草が花をつけました。
ごきげんいかがですか。
東京 池袋 萩原歯科医院 萩原です。

元日草や元旦草とも呼ばれる福寿草、お正月には欠かせない花として古くから親しまれています。寒さの中の可憐な黄金色の花は、希望を感じさせてくれる花でもあります。
ただし、お正月のものは、促成栽培のもの。
自然に育てると、ちょうど今頃、暖かい日が2~3日続くと、待ち構えたように、顔を出して、黄色い花を咲かせます。
少し暖かくなった日差しを浴びている福寿草は、なんとも伸びやかで、嬉しそうに、私には見えます。
東京の神代植物公園の福寿草もちょうど見ごろだそうです。

さて、今日は「萩原歯科院10の約束」についてお話いたします。
自分が患者として行きたい歯科医院を作ろうとして、考えたとき、歯科医院がこんな約束をしてくれたら安心できるだろうと、10の約束をまとめました。

「萩原歯科院10の約束」
1 高い技術を追求します
2 痛くない治療にこだわります 
3 長くもつ治療をおこないます
4 予防を重視した治療方針を提案します
5 優れたメンテナンスシステムを追及します
6 安全な治療環境のため感染予防を徹底します
7 患者さんを待たせません
8 わかりやすく、詳しい説明をおこないます
9 プライバシーを尊重します(個室)
10 マナーを重視し、人間尊重の院内教育を継続します


1 高い技術を追求します
やはり、自分の歯の治療を任せるには、高い技術を持った歯科医院に行きたいと私は思います。
昨日は、診療の後に、インプラントの研修会に参加してきました。
毎月、定期的に開催される研修会で、特に、総入れ歯の方が入れ歯から解放されるようなインプラントの使い方についての研修です。

講義を聴くだけでなく、参加している歯科医院の症例の検討が行われるため、毎回、応用的な学びや、発展的な事例を知ることのできる、大変有意義な時間です。

歯科の分野も、日進月歩。
実際に、常に新しい知識や技術を求めるために、いろいろな研修会に参加すればするほど、強く感じることですが、私たちが大学で学んだことが、今では時代遅れになっている事柄が、少なくありません。
虫歯に関するアプローチの方法が、最も変わったことかもしれませんが、そのあたりのお話はまた別の機会に譲ることにいたしましょう。

10のお約束、他の項目についても、随時取り上げてまいります。


歯に関する様々な悩みに対しての萩原歯科医院特設サイトを用意しております。
こちらからご覧下さい。

「入れ歯+インプラント」という新しい選択肢
http://www.ireba-implant.com/

入れ歯の悩みを考える
http://www.ireba-info.jp/

まだ間に合う歯周病治療とアフターケア
http://www.shisyuubyou.com/

私の家族に受けさせたい歯科治療 萩原歯科医院
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hagiwara/

インプラントが不安な方へ
http://www.implant-info.jp/



東京 池袋 萩原歯科医院
          萩原 眞
          萩原 麗子


dentalhagiwaradentalhagiwara at 10:35│コメント(0)長持ちする歯科治療を目指すシステム | 知って得する歯科の知識

2010年02月24日

昨日のラジオで、鶯の初鳴きがあったという話題を耳にしました。
ごきげんいかがですか。
東京 池袋 萩原歯科医院 萩原です。

東京の北の方、池袋のあたりでは、鶯の鳴き声はまだ聞こえてきません。
相変わらず、元気に鳴いているのはヒヨドリです。

このヒヨドリ、春から夏には、花の蜜や昆虫、その幼虫などを食べますが、秋から冬には公園や庭の木の実をついばむ姿をよく見かけます。
ピラカンサや南天の実が、ヒヨドリに食べられて、いつの間にか無くなっていて、がっかりしたという経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

我が家の近くのヒヨドリに関して言えば、人間にとって同じように見える赤い実でも、ヒヨドリにとっては、味が違うのか、無くなっていく順番が毎年きちんと決まっています。

まずは、ピラカンサと南天。
特に我が家の近くの南天は、赤くなったとたんにあっという間に食べ尽くされてしまいます。
お正月に南天を、という思いは、当然ながらヒヨドリには無関係のようです。
次いで、千両。最後まで残るのが万両の実という順番です。
人間にとっては、おめでたい響きの“千両”や“万両”の実がなんとなく魅力的に見えますが、ヒヨドリにとっては、“難を転ずる”南天の方が好みなのでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、人間にとって同じように見える赤い実でも、別の生き物にとっては、まったく違うものだと言うことから、入れ歯とインプラントを例に、歯科治療は、たとえ、一般的に良いといわれる治療であっても、その患者さんにとって最良の方法を選ぶべき、つまり、究極のオーダーメイドであるべきとの話をお伝えしようと思いました。

医療全般に言えることですが、その中でも特に、歯科治療はやり直しが難しい分野の一つです。
それは、歯という臓器は、一度削ったり、失ってしまうと、皮膚などと違って、決して元に戻らないからです。
近年、歯を再生させる研究が成果を挙げたと言うニュースを時々見かけますが、現実に日常の治療に応用できる段階に到達するには、まだかなりの時間がかかりそうです。

そこで、いろいろな治療法が検討されるわけですが、誰一人、同じ歯の形の人もいませんし、悪くなっている状態も同じという事はありえません。
目に見える部分だけでなく、その方の性別、年齢、生活のスタイルも様々です。

例えば、同じような年齢で、同じようなところの歯を失っているお二人の患者さんがいらても、インプラント、ブリッジ、入れ歯、といくつかの治療法の中で、お口の状態だけから、同じ治療法の選択が必ずしも良い結果にはならないことに、歯科医師はもっと目を向けるべきだと思います。

それぞれのご希望を聞いて、いくつかの方法を提案、説明いたしますが、どの方法を選ぶかという時に、治療を終えた後のことを考えることが、実は最も大切なのです。
つまり、歯科医院に通った段階で最高の状態になったとしても、それを維持できるかどうかを念頭に置いた治療でなければ、何の意味も無いということです。

残念ながら、最近の風潮として、どのように治したかに重点を置く傾向が強く、それが維持できるかどうかを軽視している症例を、しばしば見かけます。
つまり、あらゆる症例について、インプラントを第一選択にしようという意見が多くなってきているように感じて、危惧しているところです。

インプラントはいろいろな意味で大変素晴らしい治療法で、私も、約20年前からインプラント治療に取り組んでいます、患者さんの満足度も高く、萩原歯科医院にとっても、なくてはならない治療法の一つです。

ただし、インプラントが素晴らしい治療であっても、すべての患者さんにとってベストの治療法だという考えは、間違っていると思います。

患者さんの全身状態、喫煙の有無、口腔清掃状態、定期健診に通えるかどうか、そうしたことすべてを考え合わせて方法を決めないことには、たとえインプラントで一時的に良くなったとしても、患者さんのお口の中で長く維持され、さらに、機能できていかなければ、本当の意味でのお口の健康を取り戻したことにはならないからです。

歯科医師は、往々にして、自分が勧めたい治療を、患者さんに提供しがちですが、治療を受け、それで生活をしていく患者さんのための治療になっているかどうか、自分自身で、常に振り返る必要があります。

そして、患者さんは、ご自身の要望や不安を歯科医師にお話になることが大事です。

高齢で、施設に入所することが決まっている患者さんの場合、定期健診が欠かせないインプラント治療よりも、ご自身や施設のスタッフの方の手入れが簡単で、修理が往診で行える入れ歯治療をするほうが、圧倒的にストレスが少なくなるということもあります。

逆に、インプラント治療をしたからこそ、長年気になっていた入れ歯から解放されて、今まで躊躇していたお友だちとの旅行を再開された方もいらっしゃいます。

歯は、体の中でも、ごく小さな臓器の一つです。
でも、生活の中で、食べること、話すこと以外のことでも、とても大きなウェイトを占める部分だと、歯科治療を続ければ続けるほどに、その思いが、ますます強くなってきています。

「歯医者の先生の言うことだから・・・」と思わずに、どうぞ、いろいろなご要望を、いろいろな不安を、歯科医師に投げかけてみてください。

まずは、患者さんご自身が、注文(オーダー)を出してみてください。
そのことが、本当の意味でのお口の健康を取り戻す、第一歩になります。
歯科治療は、究極のオーダーメイドであるとお考えになって、歯科医師とともに、他の誰でもない、ご自身にとっての最良の治療を選択して下さい。

今日は長い文章になってしまいました。
お読みいただいてありがとうございます。

皆様方の健康のために少しでもお役に立てれば幸いです。


歯に関する様々な悩みに対しての萩原歯科医院特設サイトを用意しております。
こちらからご覧下さい。

「入れ歯+インプラント」という新しい選択肢
http://www.ireba-implant.com/

入れ歯の悩みを考える
http://www.ireba-info.jp/

まだ間に合う歯周病治療とアフターケア
http://www.shisyuubyou.com/

私の家族に受けさせたい歯科治療 萩原歯科医院
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hagiwara/

インプラントが不安な方へ
http://www.implant-info.jp/




東京 池袋 萩原歯科医院
          萩原 眞
          萩原 麗子


dentalhagiwaradentalhagiwara at 13:17│コメント(0)長持ちする歯科治療を目指すシステム | 知って得する歯科の知識

2010年02月23日

18約束
春らしい日差しが嬉しい一日になりました。
ごきげんいかがですか。
東京 池袋 萩原歯科医院 萩原です。


「やっと安心できました。」
「ようやく自分が探し求めていた歯科医院にたどり着きました。」

萩原歯科医院にいらっしゃる多くの患者さんが、よくおっしゃってくださる言葉であり、私たちがとても嬉しくなる一瞬です。


自分が患者だったら、どうして欲しいだろう、
自分が患者だったら、何が不安だろう、
自分が患者だったら、どうしてもらうことで安心できるだろう、

そして、大切な自分の家族を行かせるとしたら、どういう歯科医院に行かせたいだろう、

私が、20年前、歯科医院を開業したときに、真っ先に考えたことでした。

逆に言うと、自分が行きたいと思える歯科医院が私の周囲に見当たらなかったのです。
それなら自分達で作ろうと思って試行錯誤を重ねてきました。


歯科医師である私が、自分で行きたいと思える歯科医院にしたい。
歯科医師である私が、自分の家族を行かせたいと思える歯科医院にしたい。

という思いを、萩原歯科医院の診療理念に掲げて、歩んできました。


何か特別な方法や、特別な応対の歯科医院を作ろうと思ってきたわけでもありません。
規模も小さな歯科医院です。

しかし、全国から多くの患者さんがいらしてくだり、時には、涙を流して喜んでくださる患者さんもいらっしゃいます。
また、10年、15年、20年と、治療後の定期健診に通い続けて下さることで、治療のやり直しをしないで、自分の歯の健康を維持している患者さんが数多くいらっしゃいます。

こうした実績を振り返ったとき、私達の歯科治療は、健康を維持し、自分らしい生活を続けていく上で一つのモデルになるのではないかと思い至りました。

最新の歯科事情などとともに、このブログで何回かに分けながら、萩原歯科医院での“ 患者さんの健康を維持し続ける歯科治療 ”について、お伝えしていこうと思います。

予防の考え方、定期健診の必要性、感染予防について、または、治療法方を選ぶときのポイントなど、折に触れてお話ししていくつもりです。


次回は、萩原歯科医院での患者さんへの10のお約束について、お話ししたいと思います。

どうぞ、ご期待下さい。

皆様方の健康のために少しでもお役に立てれば幸いです。


歯に関する様々な悩みに対しての萩原歯科医院特設サイトを用意しております。
こちらからご覧下さい。

「入れ歯+インプラント」という新しい選択肢
http://www.ireba-implant.com/

入れ歯の悩みを考える
http://www.ireba-info.jp/

まだ間に合う歯周病治療とアフターケア
http://www.shisyuubyou.com/

私の家族に受けさせたい歯科治療 萩原歯科医院
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hagiwara/

インプラントが不安な方へ
http://www.implant-info.jp/



東京 池袋 萩原歯科医院
          萩原 眞
          萩原 麗子



dentalhagiwaradentalhagiwara at 11:17│コメント(0)長持ちする歯科治療を目指すシステム | 知って得する歯科の知識

2010年02月22日

77虹4
萩原歯科医院のブログを開設いたしました。



萩原歯科医院の理念に基づく日々の診療の様子や、最新の歯科事情、
さらに、私たちの思いなどをお伝えしていきたいと思い、ブログを開設いたしました。

どうぞご期待ください。
皆様方の健康のために少しでもお役に立てれば幸いです。


歯に関する様々な悩みに対しての萩原歯科医院特設サイトを用意しております。
こちらからご覧下さい。

「入れ歯+インプラント」という新しい選択肢
http://www.ireba-implant.com/

入れ歯の悩みを考える
http://www.ireba-info.jp/

まだ間に合う歯周病治療とアフターケア
http://www.shisyuubyou.com/

私の家族に受けさせたい歯科治療 萩原歯科医院
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hagiwara/

インプラントが不安な方へ
http://www.implant-info.jp/



東京 池袋 萩原歯科医院
          萩原 眞
          萩原 麗子





 

dentalhagiwaradentalhagiwara at 08:57│コメント(0)お知らせ │